音絵字(耳と目)をフル活用し、イメージ力、語彙力、記憶力を育てる『絶対記憶』

記憶実験レポート

記憶実験レポート

言葉の記憶の実験を致しました。

画像の説明
実験風景写真

【実験日】

  2008年5月10日

【実験概要】

  間違えやすい単語を50単語選択して、記憶実験の単語としました。
単語リスト表(クリックして下さい。)

 実験前に一度テスト用紙で単語を記載して頂き、正解数を測定。
その後、下記の絶対記憶ソフトを活用した学習を行い、その後、
同じテスト用紙を使って、単語を記載して頂き、正解数を測定。

 結果の総評として、

ほとんど知らない単語 50単語を、15分から30分程度で、

増加率としては、   平均4.1倍
増加単語数としては、平均26単語を増やしています。

まったく知らなかった単語を記述できるまで、
15分ほどの短時間で、26単語増やすことは、通常の方法では
なかなか困難だと思われます。

 絶対記憶の記憶法は、イメージを使うので、学習意欲が続きます。
そのために50単語でも覚えるようとする意志が、被験者に保てました。

 それは、下記の被験者の感想に現れていました。 

【主な被験者の感想】

●被験者 女性
1.頑張れば私にも出来る。楽しかった。
2.やる気になる。
3.knitは、編む。今まで持っている毛糸のニットのイメージを思い出しつながった。
4.こんなに頭を使ったのは、久し振り。

●被験者 男性
1.最初に緊張したが、楽に覚えられた。
2.一生懸命頭に叩き込んだのではなく、すっと覚えられ、とても楽であった。

●被験者 男性
1.間違った単語だけ、抜き出して、それだけ集中して短時間で練習すれば、
 もっと正解率はあがった。

●被験者 男性
1.記憶しやすかった。
2.英語の綴りは、表音文字なので、覚え難かった。

●被験者 男性
1.脳が活性化することは体全体に及ぶが、そんな活性化を感じた。
2.こんなに覚えられると思わなかった。
3.もう一回フラッシュすれば、100点だったと思う。

【学習の手順】

0)絶対記憶記憶の絵を利用した記憶方法を説明。 約2分間。
1)脳を活性化するために、3分間Aタイプ(最大3.5倍速)で偉人伝の
  速音聴を聴く。 約3分間。
2)絶対記憶ソフト 交差1回普通捲りを行う。 約3分間。
3)絶対記憶ソフト 交差2回高速捲りを行う。 約6分間。
4)絶対記憶ソフト 同一画面1回高速捲りを行う。 約4分間。
            *出来るだけ、一緒に声を出してもらう。
  =>ここを現在改善し、【3段階記憶ステップ】操作ボタンを追加し、
     ひとつのボタンで実現しております。

5)絶対記憶ソフト 日本語、英語読みの4択テストを行う。9から20分間。
6)絶対記憶ソフト 引出ステップ 交叉一回捲りを、行う。 約3分間。
            *出来るだけ、英語を書きながら行ってもらう。

【テスト前と後のテスト結果例】
50単語のテスト結果用紙例

【結果概要】(10人分を列記しました。)

 絶対記憶ソフト使用前と使用後のテスト結果をPDFファイルで、ファイル
容量が大きいのですが、もう一つのメールに添付して送付させて頂きます。

1.被験者一人目  女性 54歳
 
  前 正解13/50単語  26点
  後 正解45/50単語  90点   増加率 3.46倍
                        増加単語数 32個
  ソフト活用時間 40分

2.被験者二人目  男性 33歳 
  *本人いわく風邪気味で、集中力が普段の何割しかなかったということ
   でした。

  前 正解16/50単語  32点
  後 正解41/50単語  82点   増加率 2.56倍
                        増加単語数 25個
  ソフト活用時間  30分

3.被験者三人目  女性 40歳  主婦 英語苦手
  (本日一人目)
  前 正解 4/50単語  8点
  後 正解29/50単語  58点   増加率 7.25倍
                        増加単語数 25個
  ソフト活用時間 約15分

4.被験者四人目  男性 41歳  英語苦手 

  前 正解 6/50単語  12点
  後 正解39/50単語  78点   増加率 6.5倍
                        増加単語数 33個

  ソフト活用時間 約15分

5.被験者五人目  男性 46歳  英語そこそこ
  
  前 正解 22/50単語  44点
  後 正解 44/50単語  88点   増加率 2倍
                        増加単語数 22個

6.被験者六人目  男性 32歳  

  前 正解 8/50単語  16点
  後 正解44/50単語  88点   増加率 5.5倍
                        増加単語数 36個

  ソフト活用時間 約15分

7.被験者七人目  男性 29歳  英語苦手 

  前 正解 4/50単語   8点
  後 正解21/50単語  42点   増加率 5.25倍
                        増加単語数 17個

  ソフト活用時間 約15分+1から2分(間違えた回数×7秒)
 
8.被験者八人目  男性  30代後半(再確認します。)英語そこそこ
  
  前 正解 18/50単語  36点
  後 正解 46/50単語  92点   増加率 2.56倍
                         増加単語数 28個

9.被験者九人目  女性  33歳
  
  前 正解  7/50単語  14点
  後 正解 30/50単語  60点   増加率 4.29倍
                         増加単語数 23個

  ソフト活用時間 約15分+1から2分(間違えた回数×7秒)
 
10.被験者十人目  女性  33歳
  
  前 正解 19/50単語  38点
  後 正解 44/50単語  88点   増加率 2.32倍
                         増加単語数 25個

 ソフト活用時間 約15分+1から2分(間違えた回数×7秒)

ある塾で実験された記憶結果レポート

【日時】2007年11月

【モニターテストの結果】

  モニターテストの結果が出揃いました。
結果、書いて覚えたケースと比較すると、

① 記憶するために書いた単語数は、70%減少。
② 20単語を記憶するまでにかかった時間は、42%減少
③ 1ヶ月後の長期記憶率は、34%UP

a:2813 t:2 y:6

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional